「知らずに契約してたらすっごい損してたかもー!」

ライフプランを作成しながら、並行して家づくりも検討中のご相談者さま。

いよいよ大詰めの段階まで来ており、ローン契約と住宅会社さんからの契約が目前!
ここまで何年越しかだったので本当にいよいよだねー、と話しつつ、先日は住宅ローンを借りる金融会社の選定をしました。

知っていますか?「つなぎ融資」
そこで出てきたのが、「つなぎ融資」の話。
住宅ローンは、基本的に建物が建つと同時期に金融機関からお金が借入の全額振り込まれます。
しかし、住宅会社との契約ではお金の支払いは契約時、中間、完成時となっていることが多いです。
つまり、3000万の住宅を建てた場合、
着工で1000万、途中で1000万、最後に10000万と支払わなくてはならないなんてことも。
でも、金融機関から借りられるのは最後。つまり、最初の2回分の支払いは自己資金を用意しなくてはいけません。

しかし、そんな金額を用意できる方はごく稀。
ここで金融機関が提案してくるのが「つなぎ融資」着工時~完成までの短い期間だけ借りて、完成の時に借りるお金でこのつなぎ融資分を返済するという融資方法です。
ところが、このつなぎ融資の金利はかなり高いのが一般的。今回の方も、ざっと計算してつなぎ融資をすると30万ほど金融機関に支払うお金が出ることが分かりました。
しかしながら、なぜかこの「つなぎ融資」の話は、金融機関からは契約直前までされないことがほとんど。

今回の方も、つなぎ融資の確認はされておらず、ご説明すると
「えー!月収飛んじゃうじゃん!」というお話になりました。

金融機関と住宅会社にしっかり確認!
比較していた2社の金融機関の返済シュミレーションをしてみると、本当に僅差で、つなぎ融資の形式次第で決まる!という感じでしたので、

相談の最中に金融機関につなぎ融資についての問い合わせをし、住宅会社にも支払いをどんなタイミングでどういう比率でするのかを確認していただきました。
この辺りは、各社金融機関も住宅会社も違いがあるので、確認が必要です。

そんなこんなでなんとか、金融機関はここがよさそうだね!という1社に絞り込みが完了。

「つなぎ融資とか知らなかったし、シュミレーションも自分ではできないし、ここがなかったら本当に損してたかもー!」
と、相談者さんは帰って行かれました。

しっかり比較して判断を
失敗したら取り返しのつかない家づくり、慎重すぎるほど慎重に判断してほしいと考えています。
住宅ローンは借り先ももちろんですが、金額はなおのこと。夫婦でしっかり話をするのはもちろん、いつでもプロの力を借りたくなったらご連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「これ、どこに相談したらいいんだろう?を解決に導く岡崎の暮らしの相談窓口」
・住まいをつくろうと考えたとき ・老後のことがふと不安になったとき
・お金のことや将来について全般的に相談したいとき
・弁護士や税理士では大げさすぎるが、専門的な知識を持っている人に相談したいことがあるとき

じゅうmado アドバイザー 石原 空子

お気軽にご相談ください。
じゅうmado岡崎お問い合わせ
お電話0564-64-7005

※じゆうmadoとは全国5000社で組織される一般社団法人全国住宅産業地域活性化協議会によって
運営されている暮らしの相談窓口です。地域の皆さまの暮らしに役立つ窓口をと言う思いで
開設した非営利の窓口で、中立な立場で無料で相談をお聞きし、必要であれば各種専門家や
プロをご紹介していきます。
http://10-mado.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です